更年期に関する様々な期間

こんにちは、鍼灸師のリキヤ(@rikiref)です。

様々な不定愁訴が起こる可能性のある更年期という期間。

では、具体的に更年期とはいつからのことを言うのかご存知でしょうか?

お灸さん
ホルモンが変化する45歳あたりからですか?
リキヤ
だいたいそのくらいと言われていますが、もうちょっと細かく見ていきましょう。
この記事のポイント
  • 更年期に関する期間
  • 更年期という期間の大切さ

更年期に関する様々な期間

更年期
更年期という期間は閉経前の5年間と閉経後の5年間の10年間のことを言います。閉経が起こるのがおよそ50歳なのでその前後の5年間、45歳〜55歳までが更年期とされています。
リキヤ
閉経前と閉経後の合わせて10年間というのだけ押さえておけば良いのですが、その中でもいくつか分類があるのでご紹介します。
更年期関連用語
  • 閉経
  • 閉経周辺期
  • 閉経移行期
  • 更年期後期

国際閉経学会では更年期の中でもこのような分類がされています。

閉経

卵巣の卵胞機能の消失によりおこる永続的な月経停止で、12ヶ月の連続した無月経を確認することで判定される。

国際閉経学会
お灸さん
つまり、1年間生理がなかったら閉経ということですか?
リキヤ
そうなりますね。

閉経が起こる年齢はおよそ50歳とされていますが個人差が大きく、40代のうちに閉経する場合もあるし、逆に50歳半ばあたりまで月経がある人もいるそうです。

また、40歳未満でも閉経が起こる場合があり早発卵巣不全や月経が1度もない原発性無月経というものもあります。

閉経周辺期

閉経直前の時期と閉経後1年の期間

国際閉経学会

閉経周辺期も個人差が大きくありますが50歳で閉経が起こった場合、その前の数年間〜51歳までが閉経周辺期となります。

閉経周辺期ではエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが大きく変動する時期です。

そのためホットフラッシュや頭痛などの様々な更年期症状が起こる可能性があります。

 更年期症状の出かたも個人差が大きく、全く症状が気にならない人もいます。

閉経移行期

最後の月経が予測される時期で月経周期が変動する。

国際閉経学会

閉経が近づくにつれて原子卵胞の数も少なくなり、卵巣機能も低下していくことからホルモンバランスが変化していきます。

規則的に起こっていた月経が続くようになったり周期が長くなったりしていき、閉経移行期を過ぎると閉経となります。

 このときの不正出血で心配にならないよう、がん検診など、相談しておくことが大切です。

更年期後期

最後の月経以後の時期と定義する。

国際閉経学会
リキヤ
閉経後のことをいうかと思います。

閉経した後も更年期の症状が続く人は続きます。

引き続き自分の身体と向き合い、更年期に理解のある婦人科など、人に相談することが大切です。

更年期という期間の大切さ

更年期のホルモンの低下は様々な不定愁訴が起こると同時に、のちに骨粗鬆症や動脈硬化などにも繋がります。

更年期以降も人生は続くわけです。

その人生を健康的に過ごすためにも早めの対処が大切になってきます。

寝たきりなど介護を受けなければならない状況を回避するためにも更年期という期間は重要なターニングポイントです。

ぜひ、独りで悩まず、周囲の人に相談してみてください。

自分の症状を隠さずに人に伝えてください。

まずはオープンにするところから更年期の対処は始まります。

おわりに

更年期といえど、分類があることがわかりましたね。

特に分類が重要なわけではないですが、更年期はおよそ10年間あるということを覚えておきましょう。

そして、その時期に自分の身体と向き合ったか、対処をしているのかでその後の病気のリスクが変わってきます。

もちろん、何もしていなかったからといって全ての人が寝たきりになるなんてことはありませんが、健康的に歳をとっていくためにもリスクを減らせるのであれば減らした方がいいですよね。

そのためにも、独りで抱え込まないことが大切です。