『眼精疲労の解消法』スマホやパソコンをよくみる方へ

最近肩がこる、頭痛がする。

もしかしたらその症状、眼精疲労からきているかもしれません。

眼精疲労といっても目だけに症状が出るのではなく、肩こりや頭痛といった他の部分にも影響を与えてしまいます。

現代は仕事ではパソコン、移動中や家ではスマホといった具合に1日中VDT作業をしています。

 VDT作業とはパソコンやスマホのようにディスプレイのある情報端末を使用して行う作業のことです。

それはもう、眼精疲労になって当たり前のような世界ですよね。

しかし、目は1日中VDT作業に耐えれるほどタフではありません。

目だって使いすぎると不調が起こります。

今回は眼精疲労によって起こる症状とその解消法について説明していきます。

眼精疲労の症状は目だけではない

ひとくくりに眼精疲労とありますが、実際にどんな症状があるのでしょうか。

症状
  • 目の痛み
  • 充血
  • かすみ目
  • まぶしく見える
  • ドライアイ
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 吐き気
  • めまい

などなど、ザッと書くだけでもたくさんあります。

眼精疲労なので目だけの症状が出現するのかと思いきや、ひどい場合だと頭痛や吐き気など身体にも影響を及ぼしてしまうのです。

この中からドライアイ、めまい、頭痛について説明していきます。

ドライアイ

スマホやパソコンでの作業中、自分が思っている以上に瞬きをしていません。

人間は集中すると瞬きをして目を潤すのも忘れてしまいます。

読書などでも瞬きの数は減りドライアイの原因になったりしますが、パソコンやスマホなどはブルーライトという紫外線に近い光を発しているので、さらに目は疲れてしまいます。

ちなみにブルーライト用のメガネが販売されていますが、使っている患者さんたちの反応はイマイチでした。

いいような、効果ないような、といった感じです。

しかし、販売されているからには効果は多少なりともあると思いますので使ってみるのもアリですね。

ドライアイになると目の表面に傷がつきやすくなって角膜炎になったり、いつもより光がまぶしく感じたりします。

めまい

眼精疲労からめまいも起こったりします。

パソコンのブルーライトのような強い光を長時間見続けると、脳が「これは異常な刺激だ」と認識します。

さらに悪い姿勢で筋肉が硬くなり血流が悪くなるのも重なると、めまいを引き起こす可能生が高くなります。

ここまできたら身体は「限界だよ」と信号を送ってくれていますので、しっかり休憩を取るようにしましょう。

まぁ、そうなる前にしっかり小まめに休憩をとるのが理想ですね。

頭痛

目を酷使していると、目の周りの筋肉や目についている筋肉がコリかたまります。

さらに、目の筋肉が硬くなってくると首や肩周りの筋肉までコリかたまってしまいます。

首と肩の筋肉は頭の筋肉と繋がっているため、硬くなってくるとギューと締め付けられるように頭が痛くなってきてくることも。

また、コリがひどいと吐き気までしてくることがあります。

こうなってくると目の周りの筋肉だけでなく、首と肩周りの筋肉までゆるめる必要が出てきます。

眼精疲労は目の筋肉のコリが原因

前述した通り、目の筋肉も身体の筋肉と同じで、動かさないとかたまってきてしまいます。

筋肉が硬くなるとその下にある血管や神経を圧迫してしまい、いろいろな症状を引き起こす原因となります。

目のピントを合わせるのも筋肉が行なっているため、ずっと同じ距離でスマホやパソコンをいじっているとピント調節がうまくいかなくなってしまいます。

スマホの普及により、このピント調節がうまくできなくなり老眼の症状がある若者が増えてきています。

若者なのに、老眼です。

若いうちからピント調節に支障が出てしまうほど、スマホやパソコンの長時間使用は怖いのです。

仕事でパソコン、帰りの電車でスマホ、家についてからもスマホ、こうなるとずっとブルーライトを見続けていることになります。

自分の一日を振り返ってみると「意外と自分もそうだった」なんて方も多いはずです。

スマホによる恩恵はかなり大きいのですが、その代償もあるんですね。

身体を壊してしまっては仕事もできませんからね、パソコンは休み休みやっていきましょう。

眼精疲労を解消する5つの方法

では、眼精疲労を感じたらどのようなケアをしていったら良いのでしょうか。

たまには遠くを見る

パソコン、スマホ、読書と集中してしまうものは大体近くでモノを見ていますね。

これではピント調節をしている筋肉が硬くなってしまうので、たまには遠くのモノを見てピント調節をする筋肉を動かしてあげましょう。

遠くを見ることは、ピント調節をしている筋肉をストレッチしてあげるイメージです。

昔から本など近くのものを見ていると「目が悪くなるから遠くを見ろ」なんてよく言いますよね。

温める

筋肉がコリ固まってしまったときはやはり、温めることが効果的です。

眼精疲労は目を動かす筋肉のコリでもあります。

この部分を温めて血流をよくしてあげましょう。

ただし、のぼせているような状態(熱が上に上がってきているような感じ)のときは控えた方がいいでしょう。

そのようなときに足が冷えているようならまずは足を温めてみてください。

セルフマッサージをする

目や頭のセルフマッサージもオススメです。

肩や腰などと違い、目の周りや頭は自分でマッサージしやすいためしっかりやってあげると結構ほぐれます。

今回は

  • ツボ押し
  • 目の周りのマッサージ
  • 頭のマッサージ

この3つをご紹介します。

ツボ押し
  • 睛明(せいめい)=目の内端のちょっと上のくぼみ
  • 攅竹(さんちく)=まゆ毛の内端のくぼみ
  • 太陽(たいよう)=こめかみのくぼみ

この3つのツボをそれぞれゆっくりと3秒間押して離すというのを3セットほど行いましょう。

気持ちいいくらいのジワーッとした圧で押してください。

くれぐれもぎゅうぎゅう押しすぎないでくださいね。

目の周りのマッサージ

目の周りには眼輪筋といって、輪っか状の筋肉がついています。

ここをぎゅうぎゅう押すのではなく、2本指でくるくると回すようにマッサージしてあげましょう。

目の周りをまんべんなくマッサージしてあげることでコリ固まった筋肉を緩めることができます。

気が付いたときにちょっとくるくるしてみましょう。

頭のマッサージ

頭の筋肉は目だけでなく、肩周りの筋肉とも関係があります。

特に頭の横を手の平や4本指で斜め後ろに引き上げるようにマッサージしてあげましょう。

また、ぐーっと引き上げることによってお顔のリフトアップにもつながります。

仕事の合間の他、シャンプーをするときにぐーっと引き上げて1日の疲れをリセットしてみてください。

3つとも簡単にできますので意識してセルフマッサージを取り入れてみましょう。

無理をしない

仕事で大変なのはわかりますが、集中しすぎるとさまざまな不調をきたします。

特にパソコンでの作業は時間を忘れて作業をしてしまうので要注意です。

眼精疲労はもちろん、肩こりなどの筋肉の不調やストレスから内臓の不調まで、気づかないうちに身体は悲鳴を上げているかもしれません。

あまり無理せず、自分をいたわってあげましょう。

自分の身体をメンテナンスすることも立派なお仕事だと、僕は思います。

スマホを見ている時間を振り返ってみる

眼精疲労の原因で一番多いのはスマホの見過ぎではないでしょうか。

今は新聞も本もスマホで見れますし、面白いゲームもたくさんあります。

勉強もできるし遊びもできる、音楽も聞けて映画も観れる、最強のデバイスだと思います。

しかし、その弊害の1つとして眼精疲労があげられます。

ほとんどの眼精疲労はパソコンやスマホなど、コンピューターの見過ぎによるものでしょう。

1日を振り返って考えてみると、結構長い時間モニターを見ているのではないでしょうか。

もしかすると、スマホを見る時間を削るだけでも眼精疲労は軽減するかもしれません。

「寝る直前までスマホをいじるのは良くない」と色々なところで言われていますが、それを忠実に実行している人はどれだけいるでしょうか?

僕もたまに寝る直前までパソコンで作業したりスマホを見たりしてしまうのですが、暗い部屋でずっと見ていると頭痛がしてきたり眠気が覚めてしまったりします。

毎日続けていると慢性的な睡眠不足になってしまうかもしれません。

寝室にはスマホを持ち込まない方が良さそうですね。

おわりに

大切なのはパソコンで作業をするなど、ずっと1つの作業をし続けないことです。

タイマーなどをセットして最低でも1時間に1回は席を立ってストレッチをしたり温めたりしてあげましょう。

こまめにケアしてあげると全然違いますよ。

自分の身体もしっかり労ってあげましょう。