エステを初体験してきました

こんにちは、鍼灸師のリキヤ(@rikiref)です。

突然ですが男性のみなさま、エステには行ったことがありますか?

僕はアロマトリートメント(ニールズヤードとか)は好きなのでちょこちょこ受けますが、エステというものには行ったことがありません。

なので、ピーリングだとか機械を使った角栓ケアなどは未体験でした。

しかし先日、奥さんのお姉さん的存在の方(?)に施術をしていただき、ついにエステというものを初体験して参りました。

美容鍼のビフォーアフターは、筋肉へダイレクトな刺激を与えられますし、通電しますので目が開きやすくなるとか、リフトアップするとか、まぁよくインスタなどで見かけるのですがエステだって負けてはいません。

リンパマッサージも少し、していただいたのですが、まぁ化粧品のチカラってすごいんだなって実感いたしました。

ということで、今回はエステを初体験してきたお話です。

リキヤ
男性の方も是非、エステはオススメです。

本物のエステティシャンとは

エステティシャンというと、トリートメントはもちろん、様々な美容機器も駆使してお客さんを美しくしていく美容のプロフェッショナル。

しかし、美容系の本やエステを受けた方、エステティシャンの方などからお話しを聞くと、大丈夫かなって感じるエステティシャンも多く存在するようです。

お肌に触れるだけでなく化粧品や機械も扱うこともあるので、しっかりと知識と技術を持った方に施術していただきたいですよね。

もちろん下手なエステティシャンもたくさんいるとは思いますが、今回施術をしていただいた方はお肌についてや生理学、栄養学なんかの知識も豊富で、手のタッチも柔らかく、なんだかもう最強じゃんって方でした。

リキヤ
と言っても、前からお知り合いだったんですけどね。施術を受けるのは初めてでした。

残念ながら自宅でサロンをしているのと、顔出しはNGとのことなのでサロンについての紹介はできないのですが許可を得た写真だけアップしていこうと思います。

許可が出たのでアップしていきます。

まずは隠れ家サロンのご紹介。

アフィニーテのコンセプトは「健康的に美しく。」この言葉に集約されます。それがサロンの目指す方向性であり、お客様に提供し続けるものです。
例えば、痩身。栄養面を考えないで行うトリートメントやダイエットは効果が上がらないばかりか、リバウンドを引き起こす可能性があります。なので、アフィニーテでは的確な栄養・食事のカウンセリングを行いながら、プログラムを進めていきます。

エステティシャン 吉成由美子さん

吉成由美子さん

吉成由美子

大学卒業後、高校教師、雑誌編集など様々な職業を経験した後、渡米。アメリカ・フロリダにて解毒プログラムを経験しました。その後、栄養学に関して徹底的に学びました。その経験からエイジングケアのエキスパートを目指そうと思い、BESビューティーエキスパートスクールにて技術を習得。某都内スポーツクラブにおいて栄養指導、トレーナー活動をこなしながら経験値を高めました。自宅にて栄養指導を取り入れたエステティックサロンを主催。

奥さんのお姉さん的存在の由美子さん。

サロンのコンセプト通りで「健康的に美しく」という言葉がピッタリ当てはまる方です。

昔は水泳のオリンピック強化選手だったとか。

都内ならどこでもママチャリで移動しちゃうほどのパワフルなエステティシャン。

前々から思っていましたが、可愛らしい言葉ではないのですが「最強」って感じ。

この雰囲気だと初めてエステを受ける場合でも安心して任せられますね。

エステの初体験レポ

今回は体験ですし、カウンセリングもそこそこに施術スタートです。

本当は身体の状態や食生活、運動の有無などしっかりとカウンセリングをしてくださいます。

エステ機器を初体験

店舗で開業しているサロンは機械がいっぱい置いてあるイメージですが、施術ルームに入ってみると「自宅サロンでもこんなに機械を置いてるんだー」なんて驚きました。

エステ機器

リキヤ
見たことない機械がたくさんです。

コレでひたすらマイナスイオンを浴びて

マイナスイオン

コレはやってない

ナール超音波

ダイヤモンドで削られて

ダイヤモンドピーリング

コレはやってない

吸引機

僕の奥さんいわく「ダイヤモンドピーリングはケミカルピーリングとやっていることはほとんど同じだけど、施術後にメイクもできて肌への負担も少ないみたいだよ。結構いろんなお肌の症状に対応してるみたい」とのこと。

トリートメント

機械でのリンパマッサージと角栓ケアが終わったら、今度は手での施術。

さすがベテランエステティシャンです。

タッチが力強いんだけど優しい。

指も細すぎず、ちょうどいいタッチでした。

フェイシャルトリートメント

僕もフェイシャルトリートメントやドライフェイスマッサージなんかをやるのですが、お顔への施術って力加減がなかなか難しいんですね。

それがもうベストな力加減だったわけです。

そうなると気持ちよくてすぐに寝てしまいました。

お灸さん
グースカ寝ていますね。

クルクルが終了したらホットタオルでお顔の血流をさらに良くします。

ホットタオル

少し長めに温めたいときはこんな感じでラップを被せて熱が逃げるのを防ぐのだそうです。

リキヤ
ホットタオルって最高に気持ちいいんですね。

さて、お顔の血流をよくしたところで次は今回僕が一番体験したかった「泡パック」です。

IPSコスメティックスの泡パック

IPSコスメティックスについての説明はここでは詳しく書きませんが、まぁとにかくモコモコと泡に包まれたわけです。

こんな普通な感じの石鹸が

ちゃかちゃかすると・・・

リキヤ
モッコモコだ。
 コスメ品の説明については何ちゃらの成分が良いとか、いやいや悪いだろとか各々意見が分かれるのでその人に合う物をチョイスするのがベストだと思います。なので、説明もしっかり受けたのですが今回は使用感だけお伝えします。

この泡が不思議と暖かい。

泡パック

こんなに乗っけたらそりゃ暖かいでしょと思うでしょうが、それにしても暖かい。

で、この泡パックが終わった後に2種類の美容液をつけてもらったのですが、最初につけた美容液がまぁ痛い!

しかも、つける前に「ちょっと痛いですよー」って説明が。

もう痛い美容液ということです。

耐えれないくらい痛いわけではなかったのですが、それでも痛い。

お肌も心もデリケートな僕にとっては刺激的でした。

「これ、もしかして終わった後に真っ赤になってるパターンなのでは・・・」なんて不安がよぎりましたが、その次につけた美容液で痛みがサーっと消えて行ったので、不安もサーっと消えました。

エステのビフォーアフター

冒頭でも書きましたが美容鍼なら筋肉にまで鍼の刺激を与えられるので目元がパッチリして、リフトアップしてなんて効果が出る理由がわかりやすいのですが、リンパマッサージとダイヤモンドピーリングをしたとはいえ今回は「泡パック」がメインの施術。

「そんな変わらんだろー」なんて思ってましたが・・・

ビフォーアフター

変わる変わる。

フェイスラインもシュッとして、目元もパッチリ。

そして、写真では伝わらないのですがお顔を触ったときの感触がモッチモチなんです。

なんかこう、やる前は全体的にボワっとした顔が施術後は凹凸がしっかり出て、立体的になった感じ。

リキヤ
泡パック、恐れ入りました。

エステ初体験でかなり変化を実感できた

正直、僕はエステをなめていました。

特に今回は「泡パック」がメインだったので、石鹸と美容液だけでここまで変化があるとは思わなかったです。

ダイヤモンドピーリングもしているとはいえ、ここまでとは・・・

美容液も、痛みがあったので赤く炎症が残るのではと不安になったのですが不思議と大丈夫。

粗悪なコスメ品はまぁ当然良くないのですが、しっかりと良いものは良いのですね。

大手エステサロンではどうかわかりませんが、今回のようにしっかりとビフォーアフターが分かって使用した感じも良かったら紹介されたコスメ品、欲しくなりますよね。

ただ、コスメ品の紹介はとてもデリケートな部分だと思いますので、そのコスメ品を「売る」というよりかは施術をしたときのスペシャルケアとして使用してあげるくらいのスタンスでいこうと思いました。

エステ初体験、最高でしたよ。

そして、ベテランエステティシャンの由美子さんの手も最高でした。

おわりに

僕もフェイシャルトリートメントを取り入れているのですが、僕はオールハンドなので、ここまで本格的にできたらいいなと思いました。

美容鍼とトリートメントの相性は抜群です。

美容鍼だけでもリフトアップや肌質改善など様々な効果が期待できますが、その後にトリートメントをすることで美容鍼の効果をさらに高めることができます。

もしも、本格的なエステ機器(ラジオ波など)が導入できれば、なんて妄想が膨らみました。