24時間ジムのメリット

あなたは最近、身体を動かしているでしょうか?

適度な運動(ちょっと汗をかく程度の30分くらいの運動)は身体にとって、様々な嬉しい効果があります。

しかし、日頃から汗をかくような運動をされている方はどれくらいいるでしょうか?

こんにちは、鍼灸師のリキヤ(@rikiref)です。

運動するときに障害となるのが時間と場所ですよね。

仕事が終わって家に帰ってからストレッチをするといってもなかなか継続できない。

ジムも時間がなくて続かない。

運動を継続できないのには様々な理由があると思います。

しかし、そろそろ運動しなきゃとは思っている。

そんなモヤモヤしているあなたに今回は、24時間ジムをお勧めしていこうと思います。

この記事のポイント
  • 24時間ジムに通うメリット
  • 24時間ジムに通うデメリット

24時間ジムに通うメリット

実際に僕も目白にあるジョイフィットという24時間ジムに通っています。

なぜ僕が24時間ジムをお勧めするのか、実際に通ってみて感じた24時間ジムのメリットについてお伝えします。

いつでもいける

お灸さん
24時間ジムと普通のジムは何が違うのですか?

普通のジムの場合、営業時間が決まっているため仕事前の朝早い時間や仕事後の夜遅い時間に行きたくても閉まっている場合があります。

そのため、普通のジムの場合は行けても休日だけ、週に1日とかになってしまいます。

しかし、24時間ジムの場合は時間を気にする必要はありません。

リキヤ
24時間ずっと空いてますからね。

仕事前の朝早い時間だろうと仕事後の夜遅い時間であろうと、24時間ジムなら運動することができてしまいます。

また、「あ、もうちょっとで閉店だから今日は1セット少なく終わらなきゃ・・」とか、そういったこともありません。

時間を気にすることなくトレーニングができます。

僕も以前、普通のジムに入会していた頃は夜遅い時間に行くと閉店時間を気にしながら運動していました。

これが結構ストレスです。

その点、24時間ジムだとそのようなストレスを感じることなく運動に集中できるため快適に運動することができます。

集中できる

初めて使うマシンとかだと使い方に戸惑いますよね。

ジムにあるほとんどのマシンには使い方のポップなどが貼ってあって、誰でも使えるようになっています。

しかし、普通のジムに通っていたときの話ですが、そこではちょっと戸惑っていると電気屋さんとか洋服屋さんと同じような感じでトレーナーさんが寄ってきて「何かお困りですか?」とかお伺いをされてしまいます。

お灸さん
親切でいいじゃないですか。

いや、親切なのは良いのですが正直ちょっと鬱陶しいんですね。

僕は運動するときは1人で黙々とやりたいタイプなので放っておいて欲しいわけです。

その点、24時間ジムではトレーナーさん(スタッフさん)がいる時間帯が限られていますし、何よりこちらが質問しない限りは放っておいてくれます。

もちろん、ある程度の監視はしていますし、危ない使い方や間違った使い方、人に迷惑をかけるような人には注意するでしょうが、基本的には放置です。

1人で黙々とやりたい方には持ってこいな環境ではないでしょうか。

貸切状態で使える

朝早い時間や夜遅い時間になるとジムを利用する人が少ないですし、スタッフもいません。

そのため、貸切状態でジムを利用するなんてことも運が良ければできてしまいます。

僕はジムに行く時間帯が朝早くか、遅くても午前中なのでほぼ誰もいません。

 休日は逆に混み合う時間帯です。

貸切状態になることも多々あります。

貸切状態だからといって特別に何かをするわけではないですが、他人を気にすることなくのびのびと運動ができるため、ちょっとだけ普段より気持ちがいいです。

ペースを維持しやすい

24時間ジムはその名の通り、24時間空いているわけです。

そのため、自分がサボりさえしなければ週2日なら週2日、週3日なら週3日と運動するペースを維持することができます。

仕事時間がイレギュラーな方は調整が必要ですが、ある程度勤務時間が決まっていれば、あとは自分次第です。

もちろん、疲れているときは無理する必要ありませんし休養も必要です。

しかし、疲れているときに軽く有酸素運動をすることによって疲労を回復させることもできます。

運動は体力の向上や筋力の向上といったこと以外にも、運動によっては身体を回復させる効果もあります。

疲れた身体を回復させにジムに行く、なんてこともお勧めですよ。

出勤前に運動できる

朝早くから運動ができるため、出勤前に軽く運動することができます。

僕は以前、勤めていたときに朝早くジムに行って運動してから出勤していたのですが、とても爽やかな気分で仕事をすることができていました。

リキヤ
やりすぎるとちょっとキツイですが・・

運動することで代謝も上がり血流も良くなることで頭が働きやすくなります。

デスクワークの人には特に、出勤前のジムをお勧めします。

24時間ジムのデメリット

メリットもあれば当然デメリットもあります。

器具が少ない

これは店舗にもよるでしょうが、普通のジムに比べると器具の種類が少ない印象です。

筋肉を細くボディメイクしていきたい場合はちょっと物足りないかもしれませんが、運動の仕方によって補うことができますよね。

混み合う時間帯は器具が少ないとスムーズに運動することができなくなる可能性がありますが、最近の24時間ジムは器具の種類も増えてきていますし、フリーウエイトのスペースも充実している店舗が多くなってきています。

トレーナーさんがいない

トレーナーさんがいる時間帯は限られています。

運動が全く初めての人にとっては最初どのように使ったら良いのか、どのような運動をしたら良いのか質問したいかと思います。

そのような場合は最初だけトレーナーさんをつけることをお勧めします。

マシンの使い方だけではなくフォームも最初は見てもらった方が良いでしょう。

目白のジョイフィット

目白のジョイフィットは24時間ジムの中でも比較的空いている店舗なのではないでしょうか。

少なくとも僕が行く平日の午前中はかなり空いています。

リキヤ
朝の7時〜8時くらいは少し人がいる印象です。

有酸素のマシンはランニングマシン・クロストレーナー・リカンベントバイク(背もたれがあるエアロバイク)の3種類が揃っていますし、マシンも基本的なものは揃っています。

ただ難点なのがフリーウエイトスペースが別館なんですね。

つまり本館から一回外に出なければダンベルやベンチなどでトレーニングができません。

ただ、別館にあるだけあって、24時間ジムにしてはフリーウエイトスペースが広いかもしれません。

がっつり鍛えたい人にはこの点だけ、ちょっと億劫かと思います。

とはいえ時間帯にもよりますが比較的空いている印象なので、のんびり運動したい人には目白のジョイフィットをオススメします。

おわりに

ジムは自分が最も通いやすいところにあるジムに通うのが1番大切です。

その中でも24時間ジムはたくさんのメリットがありますし、今では各駅の近くに必ず1店舗はあるかと思います。

運動を始めようと思っている方、是非24時間ジムを検討してみてください。