独立を控えた僕が最近思うこと(日記的なアレ)

SPONSORED LINK



こんにちは、鍼灸師のリキヤ(@rikiref)です。

久しぶりの投稿となってしまいました。

お灸さん
サボってたんですか?

いえいえ、違いますよ。

そんなことないですよ。

ま、まぁちょっとだけサボってたかな・・・

独立を控えて感じること

さて、独立(退職)まであと、1ヶ月を切りました。

ようやく、本格的に始動するわけです。

リキヤ
このまま院長になるのも、なんだかなぁ・・・

そんなことを思い始めてから燻って燻って、燻り倒している中スタートさせた「鍼灸Life」

振り返ってみると、この「鍼灸Life」というサイトを作ったのが転機となりました。

「ブラック接骨院に勤めたときの対処法」なんて記事を前に書きましたが、今の会社が嫌いとか、ブラックだとかは正直そこまで思っていません。

むしろ接骨院という業界の中ではホワイトな方だと思っています。

まぁ、帰宅するのは遅いですが、お給料もしっかりもらえますし会社としても業界を変えようとしている姿勢が一般スタッフにも感じられるようになっています。

今後もスピード感があって、さらにホワイトな会社になっていくんだなとも思います。

でも、一歩踏み出してから素敵な鍼灸師の先生たちと会ったり自分で必要なセミナーを選択して受けに行ったり、メニューの構成、お金のことも考えたりするようになって、やっぱり僕は自分で能動的にやる方が好きなんだなと感じました。

Twitterを眺めていると「好きなことを仕事にしよう!」なんて発言をちょこちょこと見ますが、それは間違いないと思います。

でも、当たり前ですが、その好きなことが誰かのためにならないなら仕事にはなりません。

自分の好きなことだけを追っていたら、それは趣味です。

その「好きなこと」を通して、相手にどんな良いことを与えることができるのか。

そこを追求していくと当然ながら好きでないこともやらなければなりません。

大切なことは、その「好きでないこと」も楽しめてやれるかどうか。

一歩踏み出して始めてみると、楽しいんですよこれが。

ただ、独立することがベストチョイスだとは思いません。

それはその人それぞれ「楽しい」と思うポイントが違うからです。

会社に所属しながら能動的に動いて変えようとしている上司の姿を見ていると、ホントに楽しそうに感じて見えます。

受動的ではなく能動的に動いて働いていると、会社に所属していても楽しいと思います。

楽しめるかどうか。

それが僕の場合、会社の外にあっただけです。

リキヤ
もしかしたら、まだちょっと尖っているのかもしれません。

チャレンジする楽しさ

この記事を書いている現在はまだ独立はしていません。

会社に守ってもらっている状態です。

その中でこそこそと準備をしています(副業禁止のため)

会社にいたら、多少の広報活動はしますが受動的に患者さんが来てくれる状態です。

では、個人でやったらどうか?

当然ながら何もしなかったら何もないです。

何かアクションを起こしたとしても、それが正解かどうかは結果が出るまでわかりません。

こんな感じでアピールしたらどうか、こんな感じの説明はどうか、ビフォーアフターは?メニューは?などなどたくさんのことが自分で決められます。

というか、全部か。

人を雇用する場合はまた違った視点が必要なのかもしれませんが、まずは基本的なところで自分が食べていけるのか、その結果を出さなければなりません。

この、自分で試行錯誤しながら結果を追う行為が、もうシュミレーションゲームのようで楽しいのです。

これはおそらく、そのまま今の会社に所属していたら味わえない楽しさ。

休むのも自由、やるのも自由。

その自由、全てに責任が伴います。

お灸さん
とはいえ、お昼寝とかしちゃってますよね?
リキヤ
はいっ!

本当に一人って状況にはならない

もしもあなたが独立したい場合、一人で大丈夫かなぁなんて不安になると思います。

現に、僕も不安です。

というか、不安は雇用されていたとしても常にあるものですし、独立となるとさらにね。

でも、世の中面白いもので動き出した人には手を差し伸べてくれる人がたくさん現れます。

それは、同業の方だけでなく、家族、なんと患者さんまで。

自分が施術をしてお金をいただいて「ありがとう」まで言われた上でさらに応援までしてくれる。

こんな職業、なかなかないと思います。

同業だとライバルになるので極力情報は教えたくないとか、あるのかもしれません。

でも、鍼灸師に関してはフルオープンです。

それはこれから独立しようという身の人にはかなりありがたいことです。

僕も軌道に乗ったら、微力かもしれませんが自分が与えられる情報はバンバン開示していこうと思います。

それもまた、チャレンジする楽しみです。

やりすぎてもダメ

夜遅くまでパソコンいじってカタカタやっていたり、休日も一日中カタカタしたりしていますが、連日そんなことをしていると意外と身体だけでなく精神的にも疲労が溜まっているというのを実感します。

特に頭の状態が良くて調子に乗っているときはずーっと同じことしちゃいますよね。

でも、それだと結構バテることがわかりました。

定石通り、自分でタイムスケジュールを組んで終了時間を決めておくのがベストですね。

あとは、そうですね、運動ですね!

お灸さん
好きですね、運動。
リキヤ
はい、腹は出ていますが運動しないと死にます私。

おしまい

久しぶりの更新が治療院レポとか身体のこととかではなく、最近思っていることとなってしまいました。

たまにはブログにバーっと吐き出して記事にしちゃうのもありですね。

リキヤ
スッキリ!

おしまいだよっ!




コメントを残す